株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オリンピックの第1四半期は営業5.3倍増  7月13日17時03分

 Olympicグループ<8289.T>がこの日の取引終了後、第1四半期(3~5月)連結決算を発表しており、売上高298億9400万円(前年同期比18.0%増)、営業利益15億7800万円(同5.3倍)、純利益10億3100万円(同7.7倍)だった。

 食品事業で店舗規模に応じた商品構成への転換を進めたほか、ディスカウント事業で日用必需品を中心とした品揃え効果により、行動制限による内食・中食需要や巣ごもりニーズを取り込むことができたとしている。

 なお、21年2月期業績予想は、新型コロナウイルス感染症の影響を合理的に算定することが困難であるとし引き続き未定としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
13日の主なマーケットイベント
ヴィッツが7月31日付で東証1部へ市場変更
<個人投資家の予想> 07月13日 16時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »