株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均テクニカル:反落、ローソク足「コマ」は気迷い反映  7月14日18時15分

14日の日経平均は反落した。終値は5日線上をキープして一目均衡表の転換線が上向きを保ったが、5日線が再び向きに転じたほか、2日線も下降を継続するなど強弱サインが混在した。ローソク足は上下にヒゲを出して胴体が短い「コマ」を示現し、投資家の気迷いを反映する形となった。RSI(14日ベース)が50.33%と中立圏中央の50%に肉薄し、日経平均が売るにも買うにも中途半端な位置にあることを示唆している。ボリンジャーバンド(25日ベース)では-2σから+2σまでの各線が互いの距離を縮める5本線収束が進行。1σ分の値幅は246.50円まで縮小しており、もみ合い放れ接近とその後の大幅な株価変動を示唆している点に留意したい。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »