株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は反発、ラクスストップ高、IPO2社初値持ち越し  7月15日16時50分

 本日のマザーズ市場では、日経平均と同様にマザーズ指数が堅調な展開となった。
前日も米ハイテク株の一角は利益確定売りに押されたが、マザーズでは大幅増収増益見通しを示したラクス<3923>がストップ高を付け、他のインターネット・IT関連株にも買いが波及した。なお、マザーズ指数は反発、終値では2%近い上昇となり、1010pt台に位置する25日移動平均線をやや上回った。売買代金は概算で1791.73億円。騰落数は、値上がり210銘柄、値下がり105銘柄、変わらず8銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のメルカリ<4385>、弁護士コム<6027>、アンジェス<4563>
が堅調。売買代金上位ではメドピア<6095>やSansan<4443>が10%を超える上昇となった。また、前述のラクスと同様にロコンド<3558>、シンメンテ<6086>、アンビション<3300>が決算や業績修正を受けてストップ高を付けた。一方、時価総額上位ではフリー<4478>、売買代金上位ではリボミック<4591>、ステムリム<4599>、PSS<7707>などが軟調。また、エルテス<3967>が下落率トップとなったほか、チームスピリット<4397>やリックソフト<4429>はストップ安水準で取引を終えた。
 なお、本日マザーズに新規上場したKIYO<7353>は公開価格の約2.3倍となる初値を付けた。アイキューブド<4495>とGMO−FG<4051>は買い気配のまま初値が付かなかった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »