株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=175円安と反落、半導体関連株などが値を下げる   7月16日15時44分

 16日の東京株式市場で日経平均株価は反落。新型コロナウイルスの感染者数の増加が懸念されるなか、半導体関連などハイテク株が軟調だった。

 大引けの日経平均株価は前日比175円14銭安の2万2770円36銭。下げ幅は一時、200円を超す場面があった。東証1部の売買高概算は14億7564万株。売買代金概算は2兆4595億3800万円となった。値上がり銘柄数は721と全体の約33%、値下がり銘柄数は1387、変わらずは63銘柄だった。

 15日の米株式市場ではNYダウは上昇したが、日経平均株価は前日に急伸していたこともあり、この日は利益確定売りが優勢となった。オランダの半導体製造装置メーカーASMLの決算が市場予想を下回ったこともあり、半導体関連などハイテク株が軟調に推移した。東京都の新型コロナ感染者数が280人台と過去最多になる見通しと伝わったことも嫌気された。中国の4~6月期の国内総生産(GDP)は、実質で前年同期比3.2%増と市場予想(2.5%増)を上回ったが市場の反応は限定的だった。

 個別銘柄では、ソフトバンクグループ<9984.T>や任天堂<7974.T>が安く、東京エレクトロン<8035.T>やレーザーテック<6920.T>、アドバンテスト<6857.T>が値を下げた。村田製作所<6981.T>や富士通<6702.T>が安く、キーエンス<6861.T>やファナック<6954.T>、SMC<6273.T>が売られた。エムスリー<2413.T>やアンジェス<4563.T>も軟調だった。

 半面、空運や銀行、鉄鋼、不動産といった景気敏感株が堅調。日本航空<9201.T>やANAホールディングス<9202.T>が買われ、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>や三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>が上伸。日本製鉄<5401.T>、三井不動産<8801.T>が値を上げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は160円安前後へ下げ幅拡大
東京株式(前引け)=前日比113円安、上値重く軟調に推移
三菱UFJ、第一生命HDなど大手金融株が軒並み高、米国発のリターンリバーサルに乗る◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »