株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

【投資部門別売買動向】海外勢が5週ぶり、個人が5週連続と揃って買い越す (7月第2週)  7月16日20時00分


●投資信託が一手で売り越す一方、海外勢が5週ぶり、個人が5週連続と揃って買い越す

 東証が16日に発表した7月第2週(6日~10日)の投資部門別売買動向(現物)によると、日米での新型コロナウイルス感染の再拡大が重しとなり日経平均株価が前週末比15円安の2万2290円と小幅続落したこの週は、投資信託が4週ぶりに売り越した。売越額は2495億円だった。上場投資信託(ETF)の分配金捻出に伴う売りが膨らんだとみられる。前週は244億円の買い越しだった。証券会社の自己売買は2週連続で売り越し、売越額は446億円と前週の2760億円から大幅に縮小した。

 一方、海外投資家が5週ぶりに買い越し、買越額は1108億円だった。前週は1086億円の売り越し。海外投資家は先物の投資部門別売買動向でも日経平均先物とTOPIX先物の合計で8週連続買い越し、買越額は1584億円と前週の401億円から拡大した。現物と先物の合算では5週ぶりに買い越し、買越額は2693億円だった。個人投資家は5週連続で買い越し、買越額1066億円と前週の785億円から増加した。

 投資信託がほぼ一手で売り越す一方、海外投資家が5週ぶり、個人投資家が5週連続と揃って買い越した。


 ■投資部門別売買代金差額 (7月6日~10日)
  東証・名証2市場の1・2部と新興企業向け市場の合計[総合証券ベース(全49社)]
  ※単位:億円(億円未満切り捨て) ▲は売り越し

       海外投資家 信託銀行 個人合計 [  現金  信用 ] 日経平均 ( 前週比 )
7月 ―――
  第2週     1,108    811   1,066 [  ▲215  1,282 ] 22,290円 ( -15 円)
  第1週    ▲1,086   2,732    785 [   277   507 ] 22,306円 ( -205 円)
6月 ―――
  第4週    ▲4,852   1,921   1,626 [   905   721 ] 22,512円 ( +33 円)
  第3週    ▲3,331    676    314 [  ▲391   705 ] 22,478円 ( +173 円)
  第2週    ▲2,847    745    948 [  ▲566  1,514 ] 22,305円 ( -558 円)
  第1週     2,613   ▲24  ▲2,980 [ ▲2,818  ▲161 ] 22,863円 ( +985 円)
5月 ―――
  第4週     ▲216   ▲184  ▲3,315 [ ▲3,059  ▲256 ] 21,877円 ( +1489 円)
  第3週      772   ▲497   ▲798 [ ▲1,048   250 ] 20,388円 ( +350 円)
  第2週    ▲1,296   ▲428   1,882 [   758  1,124 ] 20,037円 ( -141 円)
  第1週    ▲1,206    91    170 [   106   64 ] 20,179円 ( +559 円)
4月 ―――
  第5週    ▲1,482    113    65 [  ▲476   542 ] 19,619円 ( +357 円)
  第4週    ▲3,483    23   1,867 [   747  1,119 ] 19,262円 ( -635 円)
  第3週    ▲3,019   1,249   ▲43 [  ▲601   557 ] 19,897円 ( +398 円)
  第2週      543   2,681  ▲1,584 [ ▲1,277  ▲307 ] 19,498円 ( +1678 円)
  第1週     ▲654   2,790    255 [  ▲431   686 ] 17,820円 ( -1569 円)
3月 ―――
  第4週    ▲9,517   4,450  ▲1,232 [   261 ▲1,493 ] 19,389円 ( +2836 円)
  第3週    ▲4,134   2,458   2,424 [  2,968  ▲544 ] 16,552円 ( -878 円)
  第2週    ▲6,793    286   1,708 [  2,819 ▲1,111 ] 17,431円 ( -3318 円)
  第1週    ▲1,535    236   5,554 [  4,466  1,087 ] 20,749円 ( -393 円)


※「信託銀行」は年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)など年金基金の売買動向を映すとされる部門。「個人・現金」は個人投資家による現物取引の売買動向、「個人・信用」は個人投資家による信用取引の売買動向。
※日銀が金融緩和策の一環として実施しているETF(上場投資信託)の買い入れは、ETFを組成する証券会社の自己売買部門を通じて買い入れているとみられる。


株探ニュース

【関連ニュース】
明日の決算発表予定 パソナG、アジュバンなど7社 (7月16日)
明日の決算発表予定 北の達人、TKPなど62社 (7月14日)
本日の【自社株買い】銘柄 (16日大引け後 発表分)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »