株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

エヌピーシーが一時14.5%高と急騰、バイデン勝利にらみ米国での受注拡大に期待  7月16日12時47分

 エヌ・ピー・シー<6255.T>が大幅高、一時14.5%高の434円まで買われる人気となった。同社は今週明け13日に発表した20年8月期第3四半期(19年9月~20年5月)の営業利益が前年同期比25%増の3億6900万円と高水準の伸びを示したことで、これを手掛かり材料に投資資金が流入、急動意する展開となったが、その後も目先筋の利益確定売りをこなし切り、更に一段高の展開となり、市場の注目を集めている。太陽電池製造装置を展開し既に米国で需要獲得が進んでいるが、「再生可能エネルギーなどに大型投資を公約するバイデン前副大統領が今秋の大統領選に勝利する可能性が高まってきたことで、同社に追い風が吹くとの読みが働いている」(国内証券アナリスト)という指摘がある。また、世界経済フォーラムは15日、自然環境を最優先する企業経営が広がれば、2030年までに世界で計4億人近い新規雇用を創出できるとの報告書をまとめており、これも同社など再生可能エネルギー関連株を刺激する材料となっているもようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は160円安前後へ下げ幅拡大
<個人投資家の予想> 07月16日 12時
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にインタライフ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »