株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=OSGコーポ、コロナ特需で業績上振れ余地  7月16日10時01分

 OSGコーポレーション<6757.T>は中期トレンドを示す75日移動平均線近辺まで下押ししたことで、調整一巡感の様相が強まっている。

 足もと業績は好調で、6月10日に発表した21年1月期の第1四半期(2~4月)の連結経常利益は前年同期比5.3倍の3億1800万円となり、上半期計画4億円に対する進捗率は79.5%に達した。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に衛生管理機器の販売が大きく伸びたほか、メンテナンス事業や水宅配事業も堅調に推移。業務用アルカリイオン水を用いた高級食パン専門店が急成長していることも寄与した。

 会社側では今期の経常利益見通しを前期比11.4%増の8億2500万円としているが、夏場に向けては水宅配需要が更に高まることが予想されるほか、コロナ特需などを追い風に業績の上振れが見込めそうだ。(参)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ブロンコBの20年12月期は最終赤字に転落、通期配当は前期比14円減
三菱UFJ、第一生命HDなど大手金融株が軒並み高、米国発のリターンリバーサルに乗る◇
東京衡機がストップ高カイ、試験機事業の拡大で第1四半期の経常利益5倍化


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »