株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日ダイナミク Research Memo(9):2020年3月期の配当は前期並みの年間14円  7月17日15時19分

■日本コンピュータ・ダイナミクス<4783>の株主還元策

1. 安定的配当を基本に適切な利益還元を実施
利益配分については、企業体質の強化と積極的な事業展開に備えて内部留保に努めるとともに、配当性向や配当利回りなどを総合的に判断し、安定的な配当を維持することを基本方針としている。配当性向の目標は設定せず、今後も経営基盤の一層の強化と積極的な事業展開を継続しつつ、適切な利益還元を実施する方針としている。

この基本方針に基づいて、2020年3月期の配当は前期と同額の年間14円(第2四半期末7円、期末7円)とした。配当性向は17.2%である。2021年3月期は減益予想だが、配当予想は2020年3月期と同額の年間14円(第2四半期末7円、期末7円)としている。予想配当性向は74.2%となる。

2. 株主優待制度は毎年9月末現在の株主対象
また株主還元の一環として株主優待制度も実施している。毎年9月30日現在の1,000株(10単元)以上保有株主を対象として、保有株式数及び継続保有期間に応じて優待品(QUOカード)を贈呈している。


■情報セキュリティ対策

企業に対する大規模なサイバー攻撃が増加し、企業の情報セキュリティ対策への関心が高まるなか、同社は情報セキュリティ及び情報資産の適切な保護を経営の最重要課題の1つとして認識し、いち早く個人情報保護方針、コンプライアンスプログラム及び情報セキュリティ基本方針を策定している。情報セキュリティ担当役員及び委員を置き、委員会において活動状況の報告なども行っている。

さらに、情報セキュリティマネジメントシステムのISMS(Information Security Management System)及び情報サービスマネジメントシステムのITSMS(Information Technology Service Management System)を構築・運用している。資格としてプライバシーマーク付与認定事業者、ISO9001、ISO/IEC27001、ISO/IEC20000-1の認証・認定を取得するなど、全社を挙げて情報セキュリティ対策に取り組んでいる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »