株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ビーマップは4日ぶり反発、「駅からはじまるスポーツのまち」の社会実装に参画◇  7月21日10時53分

 ビーマップ<4316.T>が4日ぶりに反発している。同社は20日、JR東日本<9020.T>が主催する「モビリティ変革コンソーシアム」のプロジェクトで、社会実装第1号となる「駅からはじまるスポーツのまち」に参画していることを明らかにしており、これが株価を刺激しているようだ。

 「駅からはじまるスポーツのまち」は、スポーツ観戦やイベントなどに訪れる観客に、海浜幕張の混雑予測などさまざまな情報やコンテンツをデジタルサイネージで発信するもの。同社はコンテンツ企画やデザインを担当しているという。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
21日中国・上海総合指数=寄り付き3330.5467(+16.3977)
ワイヤレスGが急騰、リモートサービスの普及で今期業績は上振れ期待も
21日香港・ハンセン指数=寄り付き25427.06(+369.07)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »