株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

イーソルが4日ぶり反発、子会社が米ミラビリス・デザイン社と国内代理店契約を締結  7月21日10時58分

 イーソル<4420.T>が4日ぶりに反発している。午前10時ごろ、子会社イーソルトリニティが、米ミラビリス・デザイン社(カリフォルニア州)が開発・販売するVisualSim製品の国内代理店契約を締結したと発表しており、これが好材料視されている。

 VisualSim製品は、上流開発工程のアーキテクチャ検討フェーズで、システム全体の大枠な処理性能や消費電力などの見積りを行うシミュレーションツールとして自動車、通信機器、半導体、航空宇宙など幅広い分野で採用されている製品。イーソルトリニティでは、製品の販売に加えてモデリングなどのエンジニアリングサービスを提供するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ビーマップは4日ぶり反発、「駅からはじまるスポーツのまち」の社会実装に参画◇
21日中国・上海総合指数=寄り付き3330.5467(+16.3977)
ワイヤレスGが急騰、リモートサービスの普及で今期業績は上振れ期待も


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »