株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=トレンドマイクロ、サイバー防衛関連で出番  7月21日10時00分

 トレンドマイクロ<4704.T>が上値指向。新値圏で強調展開にあり、この動きに素直についてみたい。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、業務形態もテレワークを推進する動きが加速している。しかし、一方ではハッカー集団によるサイバー攻撃が深刻化している状況で、テレワーク普及ではセキュリティーの充実が必須課題となっている。

 そのなか、同社は情報セキュリティーソフト「ウイルスバスター」で個人・法人向けともに抜群のシェアを有している。グローバルベースでも信頼は厚く、国内首位はもちろん世界シェアでも第3位を占める。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって20年12月期営業利益は377億円予想と前期比横ばい見通しにあるものの、中期的な成長トレンドは変わらない。

 官民を問わずデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが重要性を増すなか、サイバーセキュリティーへのニーズは日増しに高まっている。同社が展開する標的型サイバー攻撃対策や侵入防御システムなどへの引き合いが今後さらに増えることは必至といえ、つれて株価面も改めて評価される流れとなりそうだ。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ソニーは年初来高値更新、半導体とゲーム関連の切り口で評価高まる
弁護士COMが大幅反発、「弁護士ドットコム 業務システム」の提供を開始
いい生活が大幅反発、クラウドソリューション事業の6月売上高9%増


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »