株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

22日のNY市場は上昇  7月23日06時51分

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;27005.84;+165.44
Nasdaq;10706.13;+25.76
CME225;22755;+5(大証比)

[NY市場データ]

22日のNY市場は上昇。ダウ平均は165.44ドル高の27005.84ドル、ナスダックは25.76ポイント高の10706.13ポイントで取引を終了した。米国政府が在ヒューストン中国総領事館閉鎖を命令し、これに対して中国政府が報復を表明するなど米中対立が嫌気され下落して寄り付いた。しかし、米政府がファイザーが独企業と共同開発中の新型コロナウイルスワクチン1億回投与分の供給を確保したとの報道や追加財政策の協議で失業保険特別支給の延長が濃厚となったことが下支えとなり上昇に転じた。引けにかけては、取引終了後のハイテク企業決算への期待感も広がり上げ幅を拡大した。セクター別では、耐久消費財・アパレルや消費サービスが上昇した一方で、エネルギー銀行が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円高の22755円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、HOYA<7741>、ANA<9202>、ソニー<6758>がしっかり。半面、ファナック<6954>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、富士通<6702>が冴えないなど、対東証比較(1ドル107.17円換算)で高安まちまち。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「NY市場・クローズ」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »