株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

雇用情勢のさらなる改善は当面期待薄か  7月24日10時59分

 23日に発表された米週間新規失業保険申請件数は、市場予想に反して増加した。この結果を受けて、雇用情勢の悪化を警戒した安全逃避的な債券買いが観測された。7月18日週の新規失業保険申請件数は、141.6万件で市場予想の130万件程度を上回った。
新規失業保険申請件数は4月以降、減少が続いていたが、増加に転じたことから、雇用情勢のさらなる改善は当面期待できないとの見方が浮上している。また、米中関係の悪化も懸念されており、米政府がテキサス州ヒューストンにある中国総領事館の閉鎖を命じたことに対して、中国政府は24日に対抗措置を発表する可能性が高いとみられており、リスク回避的な取引拡大につながるとみられている。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »