株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

細火工や石川製など防衛関連が高い、米中対立深まり思惑◇  7月27日10時31分

 細谷火工<4274.T>や豊和工業<6203.T>、石川製作所<6208.T>、興研<7963.T>など防衛関連の一角が高い。米政府がテキサス州ヒューストンの中国総領事館の閉鎖を命じ、その対抗措置として中国外務省が四川省の米国総領事館を閉鎖するよう通知したと発表したことで、米中対立が深まったとの見方から、思惑的な買いが入っているようだ。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アルゴグラフが反発、国内有力証券が目標株価を引き上げ
DWTIは急反落、第三者割当による新株予約権発行で希薄化などを警戒
PSSが4連騰、「サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金」に採択


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »