株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=122円安、下値に買いが入り下げ渋る  7月27日11時51分

 27日前引けの日経平均株価は22日終値比で122円31銭安の2万2629円30銭。前場の東証1部の売買高概算は5億7170万株、売買代金は約1兆198億円。値上がり銘柄数は755、値下がり銘柄数は1328、変わらずは89銘柄だった。

 先週末にNYダウが下落したほか、為替相場は1ドル=105円後半への急激な円高が進行したことを受け、日経平均株価は朝方に一時、22日に比べ300円を超す下落となる場面があった。ただ、下値には買いが入り売り一巡後は下げ渋る展開。日銀のETF買いへの警戒感もあり、下値を売り叩く展開はみられなかった。

 個別銘柄では、東京エレクトロン<8035.T>やレーザーテック<6920.T>、アドバンテスト<6857.T>といった半導体関連株が安い。任天堂<7974.T>やソニー<6758.T>、キーエンス<6861.T>が値を下げ、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>や三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>といった銀行株も軟調だった。

 半面、ソフトバンクグループ<9984.T>が値を上げ、日本電産<6594.T>が続伸した。ネットワンシステムズ<7518.T>が値を上げ、NTT<9432.T>や小野薬品工業<4528.T>、第一三共<4568.T>がしっかり。プレシジョンシステム・サイエンス<7707.T>やAiming<3911.T>が急伸した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
PSSが4連騰、「サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金」に採択
東エレクなど半導体関連株が安い、米インテル急落で売りが膨らむ◇
ネットワンがカイ気配、付加価値ビジネスの好調で第1四半期経常は5割増


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »