株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京鉄は後場急伸、採算改善で第1四半期営業益2.7倍  7月31日14時44分

 東京鐵鋼<5445.T>が後場急伸している。同社はきょう午後2時頃に、21年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算を発表。営業利益が前年同期比2.7倍の24億3200万円となったことが好感されているようだ。

 売上高は同1.1%減の152億6400万円にとどまったが、主原料の鉄スクラップ価格が弱含みで推移し採算が改善したことが利益を押し上げた。

 あわせて、これまで未定としていた第2四半期累計(4~9月)の連結業績予想を公表。売上高は前年同期比1.0%増の300億円、営業利益は同2.1倍の41億円を見込むとしている。なお、通期業績予想については新型コロナウイルスの影響が見極めにくいとして、引き続き未定だとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
sMedioは下げ幅縮小、上期業績は計画上振れ
欧米(31日)の注目経済指標=米雇用コスト指数など
<個人投資家の予想> 07月31日 14時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »