株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=反発で2万2000円台回復、急落の反動高  8月03日11時43分

 3日前引けの日経平均株価は前週末比413円93銭高の2万2123円93銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は6億9249万株、売買代金概算は1兆2079億9000万円。値上がり銘柄数は1618、対して値下がり銘柄数は498、変わらずは50銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は前週末の米国株高を受け、リスクオフの巻き戻しが入り広範囲に買いが優勢となった。日経平均はここ6営業日続落で、とりわけ前週末は600円を超える急落をみせており、その反動が顕在化した。外国為替市場で1ドル=105円台後半の推移とドル高・円安方向に振れていることもポジティブ材料となっている。もっとも2万2000円台に入ると戻り売り圧力が強まり上値が重くなる状況にある。

 個別ではソフトバンクグループ<9984.T>、ソニー<6758.T>が高く、ファーストリテイリング<9983.T>も買われた。Zホールディングス<4689.T>も上昇した。トヨタ自動車<7203.T>も買いが優勢。アイティメディア<2148.T>がストップ高、アイティフォー<4743.T>、アイ・エス・ビー<9702.T>も値幅制限いっぱいに買われた。半面、キーエンス<6861.T>が急落、NEC<6701.T>も大幅安。セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>も大きく値を下げた。コムチュア<3844.T>はストップ安に売り込まれた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ソフトバンクGが大商いで戻り急、アーム売却に絡む思惑で売買代金は日経レバ上回る◇
アイティフォー大幅高、主力パッケージ販売好調で第1四半期営業益51%増
アイエスビーが急反騰、全般的な経費圧縮で20年12月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »