株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ワークマン---大幅に反落、7月の既存店売上高21.4%増も伸び鈍化、猛暑関連伸び悩み  8月04日09時18分

大幅に反落。7月の既存店売上高が前年同月比21.4%増になったと発表している。伸び率は高水準を維持したものの、6月(37.2%増)から鈍化した。客数は20.5%増(前月33.2%増)、客単価は0.7%増(同3.0%増)。7月は広い地域で記録的な降水量となったことから、レインウエアや長靴、防水バッグなど雨関連商品の販売が伸びた。一方、猛暑関連商品は伸び悩んだ。全店ベースの売上高は27.9%増で、客数は26.8%
増、客単価は0.8%増。


<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »