株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

明日の為替相場見通し=米ナスダック動向など注目  8月04日17時58分

 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、ナスダックなど米株式市場の動向に左右されそうだ。予想レンジは1ドル=105円60~106円50銭。

 この日の東京市場でドルは午前中に一時106円20銭近辺まで上昇したが、上値は重くその後、106円ラインを中心とする一進一退となった。今晩は米6月製造業新規受注などが発表される程度で、目立ったイベントはない。こうしたなか、前日に最高値を更新したナスダック市場の動向などが注目されそうだ。あすは中国7月財新サービス部門購買担当者景気指数(PMI)の発表が予定されている。




出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ソニーの第1四半期はゲーム事業好調で純利益53%増
4日香港・ハンセン指数=終値24946.63(+488.50)
<個人投資家の予想> 08月04日 17時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »