株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

手間いらずは一時S高、21年6月期は増益基調継続で増配見通し  8月04日10時33分

 手間いらず<2477.T>は一時ストップ高。3日の取引終了後、21年6月期単独業績予想を発表しており、売上高16億8000万円(前期比1.9%増)、営業利益11億8300万円(同1.7%増)、純利益7億7800万円(同1.4%増)と増収増益基調が続く見通しで、通期配当予想は前期比50銭増の27円を見込んでいることが好感されている。

 主力のアプリケーションサービス事業で、引き続き宿泊施設の販売機会拡大を目的とした予約サイトなどの販売チャネルとの連携や、利便性・機能性向上のためのさまざまなシステムとの連携を図るほか、機能改善や新機能の追加などを積極的に行う予定。また、インターネットメディア事業では、比較サイト「比較.com」で、効果の悪い広告の削減と同時に、検索エンジンの最適化などの対策を継続することで売上高・利益増を狙う。

 なお、20年6月期業績は、売上高16億5000万円(前の期比21.5%増)、営業利益11億6300万円(同31.7%増)、純利益7億6700万円(同32.1%増)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
手間いらずの21年6月期は増益基調で増配の見通し
任天堂が大商いで値を飛ばす、巣ごもりレジャー代表で好決算期待の買い◇
イーガーディしっかり、第3四半期は2ケタ営業増益


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »