株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

欧州為替:ドル・円は底堅い、WTIの強含みを材料視  8月05日20時02分


欧州市場でドル・円は底堅く推移し、105円80銭付近に小幅上昇。欧州株と米株式先物の堅調地合いでリスクオンのムードが広がるものの、ドルと円の売りはいったん収束したようだ。ただ、NY原油先物(WTI)が1バレル=42ドル台後半に浮上しており、円の一段安が見込まれる。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円63銭から105円81銭、ユーロ・円は124円83銭から125円41銭、ユーロ・ドルは1.1806ドルから1.1861ドル。




<TY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »