株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

サーバーワークス---大幅に反発、31日に1対2の株式分割、投資家層拡大と流動性向上目的  8月05日09時31分

大幅に反発。31日を基準日として1株につき2株の割合で分割すると発表している。投資単位当たりの金額を引き下げ、投資家層の拡大と株式の流動性の向上を図る。併せて定款を一部変更し、発行可能株式数を1080万株から2160万株に増やす。株式分割に加え、200日移動平均線が下値支持線として意識されており、自律反発する局面との見方も買いを支えているようだ。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »