株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

CANBASがS高カイ気配、新型コロナ治療薬の共同開発が助成事業に採択  8月05日10時36分

 キャンバス<4575.T>がストップ高の742円水準でカイ気配となっている。4日の取引終了後、静岡県立大学と共同で進めている免疫応答に着目した新型コロナウイルス感染症新規治療薬の開発が、静岡県産業振興財団の助成事業に採択されたと発表しており、これが好材料視されている。助成額は概算で600万円で、22年末まで予定している研究開発実施予定期間のうち20年度の研究開発に対応しており、次年度以降の助成については未定という。なお、21年6月期業績への影響は現時点では見込んでいないとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 08月05日 10時
デイトナが一時17%高、3密回避でバイクニーズ高まり上期業績は計画上振れ
ミネベアが大幅続伸、スマホやゲーム向け部品の拡大で4~6月期営業は6割増


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »