株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

大正薬HDが後場一段高、海外セルフメディケーション事業急拡大で第1四半期2ケタ営業増益  8月05日13時11分

 大正製薬ホールディングス<4581.T>が後場一段高。午後0時30分ごろに発表した第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高750億2300万円(前年同期比24.5%増)、営業利益93億8900万円(同12.8%増)と2ケタ営業増益となったことが好感されている。

 ハウザン社(ベトナム)やUPSA社(フランス)の連結子会社化により、海外セルフメディケーション事業が急拡大したことが牽引役となった。また、医薬事業で骨粗鬆症治療剤「エディロール」、2型糖尿病治療剤「ルセフィ」、骨粗鬆症治療剤「ボンビバ」などが伸長したことも寄与した。最終利益はハウザン社の子会社化に伴う段階取得差益がなくなったため、60億6400万円(同44.9%減)となった。

 なお、21年3月期通期業績予想は、売上高2895億円(前期比0.3%増)、営業利益200億円(同5.4%減)、最終利益130億円(同35.6%減)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
5日の主なマーケットイベント
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にCANBAS
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にアクモス


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »