株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

シンバイオ製薬---2Qは売上高が13.60億円、トレアキシン(R)の自社販売体制の構築が計画通りに進捗  8月06日19時26分

シンバイオ製薬<4582>は5日、2020年12月期第2四半期(20年1月-6月)決算を発表した。売上高が前年同期比32.1%減の13.60億円、営業損失が18.39億円(前年同期は20.15億円の損失)、経常損失が18.83億円(同20.69億円の損失)、四半期純損失が18.84億円(同20.69億円の損失)となった。

国内事業は、トレアキシン(R)の自社販売体制における全国営業組織の構築を計画通り完了した。また、東西物流センターを軸とする流通及び物流機能の整備に加えてERP等情報システムを含めた社内インフラの整備についても、総仕上げの段階へと着実に前進している。

海外事業は、トレアキシン(R)が韓国、台湾、シンガポールにおいても販売されており、製品売上は計画通りに推移した。

新規開発候補品の導入は、2019年9月に導入した抗ウイルス薬ブリンシドフォビルのグローバル開発計画の推進に当面は注力するものの、従来からの取り組みである常時複数のライセンス案件の検討と新薬開発候補品のライセンス権利取得に向けた探索評価の継続的な実施を通じて、収益性と成長性を兼ね備えたバイオ製薬企業として長期的な事業価値の創造を目指すとしている。

2020年12月期通の業績予想については、売上高が前期比20.0%増の34.04億円、営業損失が50.90億円、経常損失が51.34億円、当期純損失が48.03億円とする期初計画を据え置いている。




<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »