株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ナノキャリア---エピルビシンミセル 悪性脳腫瘍の新規治療法を実証したことをiCONMが発表  8月07日16時46分

ナノキャリア<4571>は6日、NC-6300に関連する情報として、川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター(以下、iCONM)から、有効な治療法がないとされる悪性脳腫瘍のグリオブラストーマに対し、エピルビシンミセルを用いた新規治療法をマウスで実証したことを記者発表されたことを公表。
本研究はiCONMと東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻との共同研究により行われた。今回行われた新規治療法は、エピルビシンを内包させたナノミセルと免疫チェックポイント阻害剤(ICI)を併用するもの。エピルビシンの持つ副作用を顕著に軽減するとともに、脳内へ165倍量のエピルビシン送達を確認。ICIの効果を増強することに成功し、有効な治療法が求められる悪性の膠芽腫において、延命効果が確認された。同研究成果は、米国化学会誌ACS NanoにWebに公開される予定である。

同社は軟部肉腫を対象に米国でNC-6300(エピルビシンミセル)の臨床試験を実施している。また、NC-6300と免疫チェックポイント阻害剤との併用による治療効果増強に関するiCONMとの共同研究も実施しており、ライセンスアウト及び承認申請に向けデータ取得を進めている。




<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »