株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=続落、米株高に追随できない展開が続く  8月07日11時45分

 7日前引けの日経平均株価は前営業日比144円53銭安の2万2273円62銭と続落。前場の東証1部の売買高概算は5億6988万株、売買代金概算は1兆1287億3000万円。値上がり銘柄数は842、対して値下がり銘柄数は1199、変わらずは119銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、朝方は前日比小幅プラスでスタートしたもののすぐに大口の売りに押されマイナス圏に沈む展開となった。前日の米国株市場では主要株指数が揃って上昇、ナスダック総合指数は7連騰で最高値を連日更新するリスクオンの地合いにもかかわらず、日本株はこれに追随できない状況にある。新型コロナウイルスの感染拡大に対する警戒感が根強いなか、決算発表が悪かった銘柄を大きく売り込む動きが目立つ。一方、決算が事前のコンセンサスを上回ったものについては買われる銘柄も少なくない。値下がり銘柄数は全体の56%にとどまっている。

 個別では任天堂<7974.T>が断トツの商いをこなし大きく買われたほか、トヨタ自動車<7203.T>も上値指向が鮮明。スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>、ディー・エヌ・エー<2432.T>なども人気が集中した。JR東日本<9020.T>も高い。ジェイリース<7187.T>、KLab<3656.T>なども値を飛ばした。半面、レーザーテック<6920.T>、東京エレクトロン<8035.T>など半導体関連が安く、資生堂<4911.T>も売られた。SUMCO<3436.T>の下げも目立つ。ダイワボウホールディングス<3107.T>が値下がり率トップに売られ、日本ユニシス<8056.T>、朝日ネット<3834.T>なども急落した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・7日>(前引け)=KLab、電子材料、高田工
KLabが急騰、「ジョジョの奇妙な冒険」の中国配信権を取得
バンナムHD、コナミなどゲーム株に資金シフトの動き、巣ごもり消費で恩恵◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »