株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ヴィンクス、デジタルシフトが追い風へ  8月07日10時02分

 ヴィンクス<3784.T>に注目したい。同社は流通・小売業向けに特化したシステム開発を手掛け、コンサルティングからシステム企画や運用・付帯サービスまで一貫して提供することを強みとしている。業界に先駆けて開発したハードウェアに依存しないPOSシステム「ANY―CUBE」は、ドラッグストア業界でシェアトップを誇る。第2四半期(1~6月)累計連結営業利益は前年同期比16.7%増の11億2200万円と2ケタ増益となり、20年12月期の同利益の計画17億2000万円に対する進捗率は65.2%と順調に業績を伸ばしている。

 流通業界では、人手不足とともにキャッシュレス化のニーズが顕著となるなか、新型コロナウイルス感染症の影響でデジタルシフトへの取り組みが加速すると予想される。こうした動きを追い風に業績の更なる拡大が期待でき、株価も上昇基調を強めそうだ。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ホロンがカイ気配、半導体関連装置の好調で第1四半期だけで通期計画超過
スクエニHD急騰で上場来高値、「FF7リメイク」好調で第1四半期大幅増収増益
電子材料がカイ気配、メモリーIC向けの好調で21年3月期経常は2.2倍増益へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »