株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:東京市場休場でドル・円の取引は動意薄の状態が続くか  8月10日09時05分

10日午前の東京市場でドル・円は、105円90銭台で推移。本日は東京市場が休場のため、ドル・円を含めた主要通貨の為替取引はやや動意薄の状態が続くとみられている。ただし、米雇用情勢の段階的な改善が期待されていることから、目先的にリスク回避的なドル売りは抑制される可能性がある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円82銭から105円96銭、ユーロ・ドルは1.1774ドルから1.1791ドル、ユーロ・円は124円70銭から124円92銭。

■今後のポイント
・米国などにおけるウイルス感染拡大を懸念
・米中対立の長期化懸念
・米雇用情勢のさらなる改善は期待薄との見方

・NY原油先物(時間外取引):高値41.70ドル 安値41.17ドル 直近値41.59ドル



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »