株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は続落、ハイテク株に売り広がる、直近IPO銘柄などに買いも  8月12日16時05分

本日のマザーズ市場では、朝方売りが広がり、マザーズ指数は節目の1000ptを割り込む場面があった。前日の米国市場ではハイテク株が相場全体の下げを主導し、本日の東京市場もこうした流れを引き継いだ。ただ、下値では押し目買いも入り、マザーズ指数はやや下げ渋った。前週のマザーズ指数上昇のけん引役となったハイテク株が値を崩したものの、直近IPO(新規株式公開)銘柄や好業績銘柄の一角には買いが入った。なお、マザーズ指数は続落、終値でも2%超の下落となったが、節目の1000pt台は維持した。売買代金は概算で2097.79億円。騰落数は、値上がり135銘柄、値下がり188銘柄、変わらず3銘柄となった。
個別では、時価総額上位のメルカリ<4385>、フリー<4478>、ラクス<3923>などが軟調。売買代金上位ではリボミック<4591>やVEGA<3542>が下落し、利益確定売りがかさんだサンアスタリスク<4053>やマクアケ<4479>は下落率が2ケタに上った。好決算でも材料出尽くし感から売られる銘柄が相次ぎ、イノベーション<3970>が下落率トップ、Amazia<4424>がストップ安となった。一方、直近IPO銘柄のモダリス<4883>
が売買代金トップで急反発。同じく直近上場のティアンドエス<4055>はストップ高水準まで買われた。決算発表銘柄でもホープ<6195>がストップ高を付け、リグア<7090>
は連日のストップ高。時価総額上位では弁護士コム<6027>が小幅に上昇した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »