株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「2020年のIPO」が3位、テーマ性と値動きの軽さに魅力<注目テーマ>  8月12日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 デジタルトランスフォーメーション
2 巣ごもり
3 2020年のIPO
4 eコマース
5 5G
6 サイバーセキュリティ
7 ゲーム関連
8 コロナウイルス
9 CMOSセンサー
10 半導体

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「2020年のIPO」が3位となっている。

 目先、これまで大きく売り込まれていた景気敏感株を買い戻す流れとなっており、他方でコロナ禍での活躍期待を背景に株価上昇を続けてきた銘柄の下げが目立っている。特に、ウィズコロナでも業績を伸ばせる銘柄が多く属する新興市場も軟調な展開となっているが、そうしたなかテーマ性が高く、値動きの軽いIPO銘柄に物色が向かっている。

 直近では、7日に新規上場したAI関連のソフト開発などを手掛けるティアンドエス<4055.T>が公開価格を上回る初値をつけた後も買いを集め、きょうも大幅高となっている。そのほか、DX関連のSun Asterisk<4053.T>や自動運転分野向け画像認識ソフトの開発を行うフィーチャ<4052.T>、IT人材派遣などを手掛けるBranding Engineer<7352.T>などへの関心も高い。

 また、好業績を受け急動意したSpeee<4499.T>、GMOフィナンシャルゲート<4051.T>、ウイルテック<7087.T>をはじめ、リグア<7090.T>やNexTone<7094.T>などにも注目。一方、これから決算発表を行う銘柄の中では、きょう後場以降の予定のアディッシュ<7093.T>、あす13日のコマースOneホールディングス<4496.T>やロコガイド<4497.T>、14日のフィーチャ、サイバーセキュリティクラウド<4493.T>、コパ・コーポレーション<7689.T>などをマークしておきたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
GMO-FGが急反発、20年9月期の経常利益予想を大幅上方修正
Speeeはカイ気配スタート、第3四半期営業利益が通期計画上回って着地
<08月11日のストップ高銘柄>


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »