株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オーケーコイン・ジャパン、暗号資産現物取引サービスの提供を開始【フィスコ・ビットコインニュース】  8月12日14時36分

オーケーコイン・ジャパンは11日、2020年8月20日より、暗号資産(仮想通貨)交換業者として、暗号資産現物取引サービスの提供を開始すると発表した。

同サービスでは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、いずれも日本円建ての計5種類の通貨ペアを利用できる。ただし、イーサリアムクラシックについては、2020年8月のブロックチェーン再編成(リオーグ)発生に伴い、当面の間はサービス提供は一時延期するとしている。

同社は、2020年3月20日付で、資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者として関東財務局への登録が完了したと発表している。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »