株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証10時 もみ合い、利益確定売りが重荷 ソニーは高い  8月14日10時10分

 14日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価はもみ合いの展開。前日比10円ほど高い2万3200円台後半で推移している。上値は重く、小幅ながら下げに転じる場面もみられる。日経平均株価は前日までの3日間で900円超上昇し、約半年ぶりの高値を付けていた。短期的な先高観は残る一方、週末とあっていったん利益確定売りも出やすいようだ。

 きょうは株価指数オプション8月物の特別清算指数(SQ)算出日で、SQ値は2万3350円79銭だった。いまのところ日経平均はこの水準を下回って推移しており、このまま「幻のSQ」となれば経験則的に株価の弱含みにつながるという見方もある。

 10時現在の東証1部の売買代金は概算で7014億円、売買高は3億4309万株だった。

 エムスリー、エーザイ、ソニー、富士フイルムが高い。一方、ソフトバンクグループ(SBG)、信越化、資生堂が安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »