株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ビーグリーの第2四半期営業利益は97%増で着地  8月14日16時35分

 ビーグリー<3981.T>は14日の取引終了後、第2四半期累計(1~6月)単独業績を発表しており、売上高55億2400万円(前年同期比9.9%増)、営業利益5億6400万円(同97.3%増)、純利益2億6100万円(同54.6%増)だった。

 オリジナルコンテンツや独占先行配信タイトルなどによる品揃え及び編集機能の強化を進めるなどコンテンツの差別化を図ったことが奏功した。また、ユーザーの訪問・定着・課金の流れを促して課金者の絶対数を増やし、サービス改善やお得感を訴求するキャンペーンを実施したことなども貢献した。
 
 なお、20年12月期通期業績予想は、売上高115億3800万円(前期比10.9%増)、営業利益10億900万円(同23.4%増)、純利益5億8600万円(同18.0%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ビーグリーは急反落、6月中間期業績は計画上振れも材料出尽くし感
14日中国・上海総合指数=終値3360.0988(+39.3727)
<個人投資家の予想> 08月14日 16時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »