株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オイシックス、4~6月期は宅配需要の急増など影響し純利益4.4倍増  8月14日17時02分

 オイシックス・ラ・大地<3182.T>はきょうの取引終了後、21年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算を発表しており、売上高231億3200万円(前年同期比42.2%増)、営業利益20億7600万円(同3.8倍)、純利益11億8400円(同4.4倍)だった。

 食品・食材の直販を行う主力のオイシックス事業において、外出自粛により冷凍食品やストック品などの売り上げが好調に推移したことや、家庭内での食事頻度の増加に対し多数の販売施策を実施し、既存会員を中心に購買頻度・単価が大きく上昇したことなどが全体業績を牽引した。また、宅配需要の急増による新規顧客獲得の一時的な休止により、新規販促費用が大幅に未消化となり、これが営業利益の増加につながった。なお、通期見通しは従来予想を据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
オイシックスが大幅続伸、大戸屋との業務提携を正式発表◇
14日の主なマーケットイベント
チャットWの上期営業利益は4.1倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »