株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は5日ぶり反落、ファーストリテとソフトバンクGの2銘柄で約40円押し下げ  8月17日17時15分

17日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり44銘柄、値下がり173銘柄、変わらず8銘柄となった。

日経平均は5日ぶり反落。14日の米国市場ではNYダウが34ドル高と小幅反発する一方、ナスダック総合指数は3日ぶりに反落した。米7月小売売上高の予想下振れなどから、円相場は一時1ドル=106.40円台まで上昇。前週4日間で900円超上昇した日経平均も、本日は利益確定の売りが先行し99円安からスタートした。その後は決算発表の一巡で積極的な買いが入りづらいなか、米中対立への懸念などから散発的な売りが出て、後場に入ると23068.53円(前週末比220.83円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前週末比192.61円安の23096.75円となった。東証1部の売買高は8億1922万株、売買代金は1兆5014億円と1月20日以来の低水準だった。業種別では、精密機器、サービス業、陸運業が下落率上位で、その他も全般軟調。海運業と空運業の2業種のみ小幅に上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の67%、対して値上がり銘柄は29%となった。


値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で日経平均を約40円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは電通グループ<4324>で4.39%安、同2位はシチズン<7762>で4.20%安だった。電通グループは、国内証券の目標株価引き下げが観測されている。シチズンは前週末に第1四半期決算を発表、営業損益は56.51億円の赤字(前年同期は18.15億円の黒字)で着地した。

一方、値上がり寄与トップはKDDI<9433>、同2位はスズキ<7269>となり、2銘柄で日経平均を約8円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップはスズキで1.95%高、同2位は新生銀行<8303>で1.60%高だった。


*15:00現在

日経平均株価  23096.75(-192.61)

値上がり銘柄数  44(寄与度+16.68)
値下がり銘柄数 173(寄与度-209.29)
変わらず銘柄数  8

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格  前日比 寄与度
<9433> KDDI           3346     22 +4.74
<7269> スズキ          4277     82 +2.94
<4021> 日産化学         5560     40 +1.44
<7267> ホンダ          2741     19 +1.36
<6305> 日立建          3505     35 +1.26
<6762> TDK           11720     30 +1.08
<7270> SUBARU          2236   17.5 +0.63
<8830> 住友不          3118     13 +0.47
<6501> 日立           3591     41 +0.29
<1963> 日揮HD          1220     7 +0.25
<8252> 丸井G           1810     6 +0.22
<9009> 京成           2997     12 +0.22
<9766> コナミHD         3935     5 +0.18
<7201> 日産自         421.3    4.8 +0.17
<5214> 日電硝          1893     15 +0.16
<6471> 日精工           835     4 +0.14
<9062> 日通           5950     40 +0.14
<6504> 富士電機         3175     15 +0.11
<8233> 高島屋           830     5 +0.09
<5020> ENEOS          417.1    2.1 +0.08

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格  前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    61020   -570 -20.46
<9984> ソフトバンクG     6237    -89 -19.17
<4519> 中外薬          4810   -177 -19.06
<6098> リクルートHD      3756   -123 -13.25
<6367> ダイキン        19685   -245 -8.79
<7733> オリンパス       2126    -55 -7.90
<4568> 第一三共         9617   -217 -7.79
<6645> オムロン         7830   -150 -5.38
<4063> 信越化         12800   -135 -4.85
<4324> 電通G           2745   -126 -4.52
<4507> 塩野義          6111   -123 -4.42
<6857> アドバンテ       5550    -60 -4.31
<9613> NTTデータ        1253    -20 -3.59
<2801> キッコーマン      5750   -100 -3.59
<4452> 花王           8041    -91 -3.27
<6971> 京セラ          6315    -43 -3.09
<6954> ファナック       19360    -80 -2.87
<4704> トレンド         6450    -70 -2.51
<4543> テルモ          4291    -17 -2.44
<4901> 富士フイルム      5071    -67 -2.40



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »