株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トレンダがS高カイ気配、第1四半期営業利益8.8倍と自社株買いを好感  8月17日09時47分

 トレンダーズ<6069.T>がストップ高の521円水準でカイ気配となっている。前週末14日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高6億300万円(前年同期比34.0%減)、営業利益9200万円(同8.8倍)、最終利益7000万円(前年同期100万円の黒字)と大幅増益となったことが好感されている。

 前年同期に発生した営業投資有価証券の売却が今期はなかったことや、新型コロナウイルス感染症の影響で、一部の広告主がマーケティング予算を削減しその影響を受けたことで減収を余儀なくされたが、マーケティングソリューション領域のインフルエンサーサービスとMimiTVが順調に拡大したことが牽引し大幅増益となった。なお、21年3月期通期業績予想は引き続き未定としている。

 同時に、上限を25万株(発行済み株数の3.49%)、または1億円とする自社株買いを実施すると発表した。取得期間は8月17日から10月30日で、株主還元の充実と資本効率の向上を図るとともに、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を可能にするのが目的という。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
データHRがS高カイ気配、ディーエヌエとの資本・業務提携がサプライズに◇
エムアップはS高カイ気配、第1四半期営業益2.3倍で通期計画進捗率35%
フェイスがS高カイ気配、第1四半期営業利益が大幅黒字転換


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »