株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「巣ごもり」関連が4位、コロナ禍でも業績成長トレンドまっしぐら<注目テーマ>  8月18日12時21分

★人気テーマ・ベスト10
1 2020年のIPO
2 デジタルトランスフォーメーション
3 5G
4 巣ごもり
5 2019年のIPO
6 ゲーム関連
7 コロナウイルス
8 eコマース
9 サイバーセキュリティ
10 金

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「巣ごもり」が4位となっている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を警戒して外出自粛の動きが顕著となり、個人消費は大きく落ち込んだ。前日発表された20年4~6月期の実質GDPは前期比年率で27.8%の過去最悪の落ち込みとなったが、そのなかGDPの5割以上を占める個人消費の落ち込みについては事前の市場コンセンサスも下回った。旅行や外食などが空前の低水準となっている。

 しかし、消費すべてが極度に冷え込んでいるというわけではない。一方では今の在宅環境をプラス要素として取り込み、収益機会を高めている消費関連銘柄もある。人々の生活でいわゆる「巣ごもり」という形態が恒常化するなか、物品を購入する際にはネット通販が活用され、レジャーでは家庭内で楽しめるゲーム関連の需要が高まる。また、食事も内食志向となることでスーパーの食品売り上げが拡大、また、外食に代わって宅配ニーズなども強く喚起されている。

 関連銘柄としては、ネット通販市場の拡大で商品の倉庫管理や配送業務などを手掛けるファイズホールディングス<9325.T>やSGホールディングス<9143.T>、丸和運輸機関<9090.T>。ゲーム関連では任天堂<7974.T>を筆頭に、ソニー<6758.T>、カプコン<9697.T>、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>など。食材関連ではオイシックス・ラ・大地<3182.T>。食品スーパーでスーパーバリュー<3094.T>、宅配でライドオンエクスプレスホールディングス<6082.T>。動画配信でJストリーム<4308.T>などが注目される。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=続落、円高など嫌気し商いも超閑散
任天堂の上値指向鮮明、巣ごもり需要とエヌビディア関連で人気増幅
<08月17日のストップ高銘柄>


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »