株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

カルタHDが動意、グループ会社が「地域未来構想20」の専門家企業として選定  8月18日14時12分

 CARTA HOLDINGS<3688.T>が後場動意づき、一時10%近く上昇した。同社はきょう、グループのVOYAGE MARKETINGが、内閣府の「地域未来構想20オープンラボ」の20政策分野のうち「行政IT化」「防災IT化」「商品券・旅行券」の3分野における専門家企業として選定されたと発表。これが株価を刺激しているようだ。

「地域未来構想20」は、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用し、感染症にも経済危機にも強い、強靱かつ自律的な地域の社会経済の構築に向けて、地域で取り組むことが期待される「社会的な環境整備」「新たな暮らしのスタイルの確立」「新たな付加価値を生み出す消費・投資の促進」を軸とした20の政策分野。VOYAGE MARKETINGは、デジタルギフト「デジコ」や給与前払いサービス「Remone」などのサービスを通じて、当該分野で課題を抱える自治体などソーシャルセクターへの連携や、デジタルトランスフォーメーション(DX)化を推進するとしている。

 また、この日は運営する次世代型TVマーケティングプラットフォーム「PORTO tv」で、新たなクリエイティブパートナーとしてNORTH AND SOUTH(東京都渋谷区)と連携したことも発表。この連携で、より幅広いクライアントニーズに対応し、テレビCMの制作を行うことができるようになるとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
コメリが大幅反発、国内有力証券が目標株価を3500円へ引き上げ
マーチャントは4日ぶり反発、インターネット貸金業を本格的に開始
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位にオイシックス


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »