株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイント~買い一巡後は23000円を挟んでのこう着か  8月21日08時52分

21日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:買い一巡後は23000円を挟んでのこう着か
■西松屋チェ、21/2上方修正 営業利益85.0億円←67.16億円
■前場の注目材料:トヨタ、下期の支給材据え置き、系列部品向け

■買い一巡後は23000円を挟んでのこう着か

21日の日本株市場はこう着感の強い相場展開が続きそうである。20日の米国市場ではNYダウ、ナスダックともに上昇。先週分の新規失業保険申請件数が予想外に増加し再び100万件台に戻ったほか、8月フィラデルフィア連銀製造業景況指数が予想を下回ったことが嫌気されたが、ハイテク株がけん引する格好から切り返しをみせている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比90円高の22970円。円相場は1ドル105円80銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買い先行となろう。アップルが引き続き堅調だった他、テスラが2000ドルに乗せてきており、ハイテク株への自律反発が期待されるところであろう。しかし、SOX指数は下落しており、大型ハイテク株以外への物色の広がりはみられていないため、ナスダック上昇のインパクトも限定的といったところになりそうである。日経平均は23000円処での強弱感が対立しやすいと考えられ、買い一巡後は次第にこう着感が強まりそうである。

また、日経平均はテクニカル面でみると、昨日の下げで8月半ばに空けていたマドを埋めており、いったんは調整一巡感も意識されやすいところではある。ただし、5日線が23085円辺りに位置しており、これが目先的には抵抗線として意識されやすい。これを突破してくるようだとセンチメント改善につながりそうであるが、反対に上値の重石として意識されてくるようだと、週末要因もあってポジション圧縮に向かわせやすいところ。足元では薄商いの中を断続的なインデックス売りに押される場面もみられているが、先物のポジションが大きく傾いている訳ではなく、仕掛け的な動きというよりはクローズの動きとみられ、ショートカバーも意識しづらいところである。

また、足元で強い動きを続けている中小型株については、マザーズ指数が6営業日ぶりに反落した。買い疲れ感もあったと考えられるが、個別においても値動きの荒さが目立ってきている。一気に値を消す流れにはなっておらず、押し目買いの動きをみても需給状況は良好であるが、週末要因が重なり、利益確定の流れが強まる可能性は意識しておきたい。

■西松屋チェ、21/2上方修正 営業利益85.0億円←67.16億円

西松屋チェ<7545>は2021年2月期の業績予想の修正を発表。売上高は従来の1520億円から1560億円、営業利益は67.16億円から85.00億円に上方修正している。20年3-8月期の来店客数が伸び、子供衣料など取扱商品が全般に売り上げが大きく伸びており、足元の業績推移を反映した。営業利益はコンセンサス(61億円程度)を上回る。


■前場の注目材料
・NYダウは上昇(27739.73、+46.85)
・ナスダック総合指数は上昇(11264.95、+118.49)
・シカゴ日経225先物は上昇(22970、大阪比+90)
・米長期金利は低下
・日銀のETF購入
・米経済対策効果への期待
・コロナ向けワクチン開発の進展


・トヨタ<7203>下期の支給材据え置き、系列部品向け
・住友商事<8053>自動車開発を支援、新会社設立しグローバル展開
・パナソニック<6752>テスラ向けEV電池で増産投資、100億円規模、来年6月稼働
・三菱ケミHD<4188>リファインバースと資本提携
・ソフトバンク<9434>米5G提供クリーン企業に認定
・住友理工<5191>事業再編、アルゼンチン撤退・仏子会社譲渡
・ブリヂストン<5108>鉱山向けタイヤで高耐久性能を実現、顧客ごとに最適化
・NTT<9432>案内業務に分身ロボ活用、本格導入
・三浦工業<6005>中国の新工場稼働、ボイラ生産2.5倍
・千代建<6366>米キャメロンLNGプロ、全系列商業運転
・KDDI<9433>来店前に機種・料金選択、横浜に新世代店
・日立<6501>PTCと協業、製造業のバリューチェーン最適化
・宇部興産<4208>8月のCPL価格120ドル安
・大王製紙<3880>紙おむつ用パルプ量産


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:30 7月全国消費者物価指数(生鮮品除く)(前年比予想:+0.1%、6月:0.0%)

<海外>
・特になし

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »