株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場の日経平均は71円高でスタート、任天堂や神戸物産などが堅調  8月24日13時02分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22992.08;+71.78TOPIX;1607.87;+3.81

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前週末比71.78円高の22992.08円と前引け値(22996.97円)と大きく変わらない水準で取引を開始した。また、ランチタイムの日経225先物は、きょうの
高値圏でのもみ合い推移。前場の日経平均は市場参加者の想定よりも強含んだものの、23000円付近では引き続き上値の重さが意識され、後場も方向感に欠ける展開。なお、菅官房長官は24日午前の記者会見で、安倍首相の体調について「毎日お目にかかっているが、変わりはないと思う」と述べたと伝わっている。

 売買代金上位では、任天堂<7974>、神戸物産<3038>、第一生命HD<8750>、ブイキューブ<3681>などが強い値動きとなる一方、日本電産<6594>やファナック<6954>、アンリツ<6754>などがマイナス圏。業種別では、その他製品、機械、金属製品、小売業が上昇率上位で推移する展開に。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »