株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイント~買い一巡後のハイテク等グロース株の動向は見極める必要  8月25日08時57分

25日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:買い一巡後のハイテク等グロース株の動向は見極める必要
■タムラ製、2Q上方修正 営業利益3.0億円←5000万円
■前場の注目材料:清水建設、「竹中・鹿島連携」参画、共同開発・課題解決を加速


■買い一巡後のハイテク等グロース株の動向は見極める必要

25日の日本株市場は底堅い相場展開が見込まれよう。24日の米国市場ではNYダウが378ドル高と大幅に上昇。トランプ政権が新型コロナウイルス治療での血漿療法を緊急承認したほか、英アストラゼネカとオックスフォード大学が開発しているワクチンを大統領選前に承認・実用化することを検討しているとの報道が好材料視された。フロリダ州の感染件数も6月中旬以来の低水準に改善するなどウイルス感染に鎮静化の傾向が見られることも好感されている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比170円高の23170円。円相場は1ドル105円90銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買い優勢の展開になりそうだ。昨夕の段階でグローベックスのNYダウ先物が170ドル高程度で推移していたほか、欧州市場も上昇していたこともあり、想定されていた面はあるだろう。また、トランプ政権が新型コロナウイルス治療での血漿療法を緊急承認したとの報道は昨日の速い段階で伝わっていたこともあり、織り込まれている面はありそうだ。そのため、買い優勢の展開になりそうだが、買い一巡後のハイテク等グロース株の動向は見極める必要がある。

また、米国市場の流れからはバリュー株にシフトしやすいところであり、空運や自動車、銀行株などの動向が注目される。ただし、新型コロナウイルスに関連する報道での米国株高であり、引き続き治療薬などの状況を見極めたいとするムードもあるだろう。また、米国との連動性が足元で低下していること、出来高が膨れない需給状況からは、買い一巡後は次第にこう着感が強まりやすいところである。薄商いの中で断続的なインデックス買いが指数を押し上げやすいところであるが、上値の重さが意識されてくる場面においては利益確定の流れも強まりやすいだろう。

物色の流れとしてはバリュー株へのシフトを期待したいところであるが、明確な動きが出にくいようだと、次第に中小型株へ集中することになる。銘柄間の循環物色がみられているほか、強いトレンド形成の銘柄については調整局面における押し目買い意欲の強さが窺えるなど、個人の需給状況は良好である。中小型株においては、出遅れ銘柄を探る動きというよりは、順張りでのトレンド追随の流れが続いている。


■タムラ製、2Q上方修正 営業利益3.0億円←5000万円

タムラ製<6768>は第2四半期業績予想の修正を発表。売上高は従来の343億円から326億円に下方修正したが、営業利益は5000万円から3.0億円に上方修正している。いち早く経済活動を再開した中国では、電子化学や電子部品の主力工場が当初想定以上に稼働することで収益回復が見られ、さらに全社的な経費削減の徹底により、営業利益を押し上げる見込み。


■前場の注目材料
・日経平均は上昇(22985.51、+65.21)
・NYダウは上昇(28308.46、+378.13)
・ナスダック総合指数は上昇(11379.72、+67.92)
・シカゴ日経225先物は上昇(23170、大阪比+170)
・1ドル105円90-00銭
・SOX指数は上昇(2219.37、+21.04)
・VIX指数は低下(22.37、-0.17)
・米原油先物は上昇(42.62、+0.28)
・日銀のETF購入
・米経済対策効果への期待
・コロナ向けワクチン開発の進展


・清水建設<1803>「竹中・鹿島連携」参画、共同開発・課題解決を加速
・日本精工<6471>中国・欧州の鉄道深耕、軸受など拡販
・武田薬<4502>大衆薬売却を発表、米ファンドに2420億円
・カネカ<4118>JTから植物バイオ資産取得、ゲノム編集作物開発
・アルプスアルパイン<6770>マッキントッシュGと提携、車載オーディオシステム開発で
・日産自<7201>アルゼンチンに1億3000万ドル、ピックアップ生産拡充
・日本特殊陶業<5334>機械工具で攻勢、CBN同等性能の新セラ材質投入
・三菱電機<6503>AI人材1400人育成、今年度計画を上方修正
・NEC<6701>大容量光海底ケーブル供給
・リコー<7752>スマートグラス、世界最軽量49g実現、新開発の導光板採用
・大王製紙<3880>セルロースを高濃度化、CNF複合樹脂開発
・小松マテーレ<3580>新中計、営業利益率22年度8.3%超


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・特になし

<海外>
・特になし

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »