株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:ソフトバンクやスクエニHDに注目  8月25日09時05分

週明け24日の米国市場では、NYダウが378.13ドル高の28308.46、ナスダック総合指数が67.92pt高の11379.72、シカゴ日経225先物が大阪日中比170円高の23170といずれも上昇した。25日早朝の為替は1ドル=105円90-00銭(昨日大引け時は105.82円付近)。
本日の東京市場では、米国株に連れ高して任天堂<7974>、トヨタ<7203>、ソニー<6758>など輸出関連株が軒並み値上がりしよう。ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>など値がさ銘柄や三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、野村<8604>、東京海上<8766>
といった金融セクターの主力銘柄も一斉に水準を切り上げよう。反面、NRI<4307>や東京電力HD<9501>、東京ガス<9531>といったディフェンシブ色の強い銘柄は人気が離散し、さえない動きを強いられよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された旭化成<3407>、宇部興産<4208>、日油<4403>、ENEOS<5020>、TOYOTIRE<5105>、日機装<6376>、富士通<6702>、ワコム<6727>、EIZO<6737>、ニコン<7731>、三井物
<8031>、ソフトバンク<9434>、スクエニHD<9684>などに注目。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »