株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は反発、直近IPO銘柄中心に買い、インタファクトリ2日目も初値持ち越し  8月26日16時28分

 本日のマザーズ市場では、買い優勢の展開となった。前日の米国市場でハイテク株が強い値動きを見せ、本日の東京市場でもこうした流れを引き継いでグロース(成長)株に買いが入った。マザーズ指数は先週来大きく上昇しており、高値警戒感から売りも出たが、直近IPO(新規株式公開)銘柄を中心に回転売買が続いた。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で2839.37億円。騰落数は、値上がり238銘柄、値下がり83銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のラクス<3923>や弁護士コム<6027>が上昇。直近IPO銘柄のティアンドエス<4055>は売買代金トップで続伸し、今月7日の上場以来負けなしが続いている。その他の直近IPO銘柄ではモダリス<4883>なども買われ、サンアスタリスク<4053>はストップ高。ニューラル<4056>は連日で買い気配のまま取引時間中に売買成立しなかった。一方、時価総額上位ではメルカリ<4385>やフリー<4478>、売買代金上位ではBASE<4477>が下落。また、霞ヶ関キャピタル<3498>などが下落率上位に顔を出した。
 なお、インタファクトリ<4057>は上場2日目の本日も買い気配のまま初値が付かなかった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »