株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

多摩川HDがカイ気配スタート、JTOWER子会社とローカル5Gで資本・業務提携◇  8月27日09時06分

 多摩川ホールディングス<6838.T>がカイ気配で始まり続急伸、2200円近辺のもみ合いを一気に上放れる動き。同社は無線通信向けを主力に電子機器などの製造販売を行い、次世代通信規格5G分野の需要開拓に力を入れている。そうしたなか、26日取引終了後にJTOWER<4485.T>の子会社ナビックと資本・業務提携することを発表。ローカル5Gの設置から運用までを一気通貫に実現できる環境を構築する計画で、今後の展開に対する期待が投資資金の攻勢を誘っている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日エンターがカイ気配で始まる、子会社の無線接続に関する特許取得を材料視
東京株式(寄り付き)=買い先行、パウエル講演前に様子見も
インタファクは上場3日目もカイ気配スタート


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »