株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ソフトフロンが後場上げ幅を拡大、音声通話用ミドルウェアがパイオニアのドライブレコーダーに採用  8月27日12時43分

 ソフトフロントホールディングス<2321.T>が後場上げ幅を拡大している。前引け後に、子会社ソフトフロントジャパンの音声通話用ミドルウェア「SUPREE(スプリー)」が、パイオニア(東京都文京区)のドライブレコーダーに採用されたと発表しており、これが好材料視されている。

 パイオニアの通信機能搭載ドライブレコーダーは、衝撃を検知すると自動的に情報が記録されると共にコールセンターにも通知され、必要に応じてドライバーとオペレータが音声通話することができるのが特徴。今回、通信機能搭載ドライブレコーダーのバージョンアップに伴い、通話遅延対応、エコーキャンセリングに関する技術的な知見を有するソフトフロントジャパンの「SUPREE」が採用されることになったという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
信越化は横ばい圏、国内有力調査機関は「ニュートラル」に引き下げ
<個人投資家の予想> 08月27日 12時
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比でやや下げ渋る


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »