株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比5円高の23215円  8月28日07時55分

ADR(米国預託証券)の日本株は、ソフトバンクG<9984>、富士通<6702>、エーザイ<4523>、富士フイルム<4901>が冴えない。半面、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、HOYA<7741>、TDK<6762>がしっかりなど、対東証比較(1ドル106.56円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円高の23215円。

米国株式相場はまちまち。ダウ平均は160.35ドル高の28492.27ドル、ナスダックは39.72ポイント安の11625.34ポイントで取引を終了した。注目されたパウエルFRB議長の講演ではインフレ目標変更で物価2%超も容認する新指針が発表され、長期にわたる低金利維持の思惑がさらに強まり、大きく上昇して寄り付いた。その後、一時伸び悩む局面もあったが、トランプ政権がアボットが開発したウイルス検査キットを1.5億個購入すると発表、ウイルス検査の拡大期待が強まり、引けにかけて再び上昇幅を拡大する展開となった。一方、ハイテク株は利益確定売りにおされた。

27日のニューヨーク外為市場でドル・円は105円61銭へ下落後、106円70銭まで上昇して106円58銭で引けた。パウエルFRB議長は米カンザスシティ連銀主催の経済シンポジウムで講演を行い、FRBの物価2%超も容認する新指針を発表した。長期にわたるゼロ金利維持の思惑が一段と強まり米債利回りの低下に伴うドル売りが先行したが、インフレ上昇の思惑で債券利回りは上昇に転じたことから、ドル買いが再燃した。ユーロ・ドルは、1.1901ドルまで上昇後、1.1763ドルへ反落して1.1821ドルで引けた。

NY原油先物10月限は下落(NYMEX原油10月限終値:43.04 ↓0.35)。


■ADR上昇率上位銘柄(27日)
<1812> 鹿島 12.58ドル 1341円 (31円) +2.37%
<3401> 帝人 15.98ドル 1703円 (29円) +1.73%
<8411> みずほFG 2.71ドル 144円 (2円) +1.41%
<8604> 野村HD 5.13ドル 547円 (5.7円) +1.05%
<8306> 三菱UFJ 4.09ドル 436円 (4.1円) +0.95%


■ADR下落率上位銘柄(27日)
<7752> リコー 7.01ドル 747円 (-24円) -3.11%
<6753> シャープ 2.89ドル 1232円 (-24円) -1.91%
<6723> ルネサス 3.2ドル 682円 (-11円) -1.59%
<6460> セガサミーHD 2.83ドル 1206円 (-19円) -1.55%
<5201> AGC 5.61ドル 2989円 (-46円) -1.52%


■その他ADR銘柄(27日)
<1812> 鹿島 12.58ドル 1341円 (31円)
<1925> 大和ハウス 25.88ドル 2758円 (-0.5円)
<1928> 積水ハウス 19.85ドル 2115円 (8.5円)
<2503> キリン 18.99ドル 2024円 (12円)
<3402> 東レ 9.24ドル 492円 (-1.4円)
<3407> 旭化成 16.6ドル 884円 (1.7円)
<3938> LINE 50.74ドル 5407円 (-13円)
<4523> エーザイ 87.78ドル 9354円 (-44円)
<4704> トレンド 63.47ドル 6763円 (23円)
<4901> 富士フイルム 47.1ドル 5019円 (-18円)
<4911> 資生堂 56.32ドル 6001円 (5円)
<5108> ブリヂストン 15.62ドル 3329円 (-13円)
<5201> AGC 5.61ドル 2989円 (-46円)
<6301> コマツ 21.43ドル 2284円 (1円)
<6503> 三菱電 27.42ドル 1461円 (-1円)
<6586> マキタ 46.48ドル 4953円 (28円)
<6645> オムロン 73.5ドル 7832円 (2円)
<6702> 富士通 26.49ドル 14114円 (-21円)
<6723> ルネサス 3.2ドル 682円 (-11円)
<6758> ソニー 80.42ドル 8570円 (11円)
<6762> TDK 106.11ドル 11307円 (37円)
<6902> デンソー 20.39ドル 4346円 (-14円)
<6954> ファナック 17.62ドル 18776円 (31円)
<6988> 日東電 30.24ドル 6445円 (-25円)
<7201> 日産自 7.9ドル 421円 (-1.2円)
<7202> いすゞ 9.33ドル 994円 (-4.1円)
<7203> トヨタ 133.56ドル 7116円 (43円)
<7267> ホンダ 25.36ドル 2702円 (10円)
<7270> SUBARU 10.11ドル 2155円 (3円)
<7733> オリンパス 19.79ドル 2109円 (6.5円)
<7741> HOYA 97.85ドル 10427円 (62円)
<7751> キヤノン 17.3ドル 1843円 (5.5円)
<7912> 大日印 10.71ドル 2283円 (-12円)
<7974> 任天堂 67.54ドル 57576円 (326円)
<8001> 伊藤忠 49.45ドル 2635円 (2円)
<8002> 丸紅 54.3ドル 579円 (-4.1円)
<8031> 三井物 334.28ドル 1781円 (-4円)
<8053> 住友商 11.86ドル 1263円 (6円)
<8306> 三菱UFJ 4.09ドル 436円 (4.1円)
<8309> 三井トラスト 2.82ドル 3005円 (20.5円)
<8316> 三井住友 5.78ドル 3080円 (28円)
<8411> みずほFG 2.71ドル 144円 (2円)
<8591> オリックス 60.76ドル 1295円 (8円)
<8604> 野村HD 5.13ドル 547円 (5.7円)
<8766> 東京海上HD 44.46ドル 4738円 (-10円)
<8802> 菱地所 15.2ドル 1620円 (-6.5円)
<9432> NTT 24.14ドル 2572円 (3.5円)
<9735> セコム 23.84ドル 10164円 (14円)
<9983> ファーストリテイ 59.49ドル 63393円 (53円)
<9984> ソフトバンクG 30.76ドル 6556円 (-62円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »