株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は264円高でスタート、三菱商事や三井物産などが買われる  8月31日09時39分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23147.14;+264.49TOPIX;1621.93;+17.06

[寄り付き概況]

 31日の日経平均は前週末比264.49円高の23147.14円と大幅反発でスタート。28日の米国株式相場でダウ平均は161.60ドル高の28653.87ドル、ナスダックは70.30ポイント高の11695.63ポイントで取引を終了。7月個人消費支出や8月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値が予想を上回り見通しが改善し寄り付きから上昇した。FRBが想定されていた以上に長期にわたりゼロ金利政策を維持する可能性が引き続き好感されたほか、携帯端末のアップル(AAPL)や電気自動車のテスラ(TSLA)の株式分割を31日に控え、引けにかけては一段高となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の22935円。
シカゴ先物にサヤ寄せする格好から本日の日経平均は買い先行で取引を開始。先週末は安倍首相が辞任の意向を固めたとの報道を受けたショック安となったものの、政治空白自体は避けられるほか、これまでの金融政策の流れが大きく変わるとは考えづらいとの見方も支えとなっているようだ。

 売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、レーザーテック
<6920>など主力どころは全般堅調。また、バフェット氏関連で報道が伝わった三菱商事<8058>や伊藤忠<8001>、三井物産<8031>など総合商社株は強い値動き。一方、KDDI<
9433>など通信株が軟調。業種別では、卸売、空運、海運などが上昇率上位に。


<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »