株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

エスリードが上げ幅を拡大、21年3月期は営業減益予想も想定内  8月31日12時50分

 エスリード<8877.T>が後場上げ幅を拡大している。前引け後に未定としていた21年3月期連結業績予想を発表し、売上高640億円(前期比3.8%増)、営業利益72億円(同9.4%減)、純利益40億5000万円(同20.1%減)を見込むとしており、減益見通しながら想定内との見方が強いようだ。なお、年間配当は前期並みの40円を予定している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
KDDIやドコモなどリスクオン相場に逆行、菅氏総裁選出馬で携帯料金引き下げ圧力を意識◇
都築電が5日ぶり反発、資本・業務提携先のコムデザインを子会社化へ
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」4位にイムラ封筒


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »