株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

直近IPO人気が再燃、6月以降の新規上場組が一斉高に買われる◇  9月01日13時11分

 直近IPO銘柄が今週に入って再び人気化している。特に今年6月下旬以降に上場した銘柄群に買いが集中している。6月以降に新規公開されたIPO銘柄はコロナ禍のなかで上場してきた銘柄という点がポイントで、「業態的にも新型コロナに強いデジタル系の銘柄が多い」(国内ネット証券)という。きょうは上場して最も日の浅いインターファクトリー<4057.T>がストップ高カイ気配に買われているほか、ティアンドエス<4055.T>、Sun Asterisk<4053.T>、日本情報クリエイト<4054.T>、アイキューブドシステムズ<4495.T>、KIYOラーニング<7353.T>、エブレン<6599.T>、コマースOneホールディングス<4496.T>、コパ・コーポレーション<7689.T>などが一斉高となった。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位にインターファクトリ
<08月31日のストップ高銘柄>
三栄建築が続落、20年8月期業績予想を下方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »